アレルギーには色々と種類があります。植物アレルギーや動物アレルギー食物アレルギーなどアレルギーによって出る症状が異なります。アレルギーが出る人、出ない人にはどのような違いあるのでしょうか・・・?

アレルギーの原因となる動物や食物のイラスト

通年性のアレルギーにはジェネリック薬品が役立つ

通常のアレルギーは、季節性です。例えば、スギ花粉によって起こるアレルギーの症状は春だけに限定されています。ブタクサで起こるものは秋だけのアレルギーです。しかし、最近は通年性のものが増えています。通年性のものは、原因を突き止めることが難しくて、詳しい検査をしても特定のアレルゲンが見つからない場合もあります。特に大人の場合は、通年性のアレルギーを発症する人が多く、たくさんの人が鼻炎や喘息に悩まされています。
通年性のアレギーの場合は、一年を通じて薬を飲まなければなりません。アレルギーの薬は高価なものが多いので、家計の負担になることがあります。薬によって異なっていますが、3割負担の場合は、1ヶ月の薬代が5000円を超えるのは珍しいことではありません。薬代が負担になるときは、ジェネリックの薬を処方してもらいましょう。ジェネリックの薬は正規の薬品の後に開発されたもので、価格が安くなっています。どのような薬でも一番最初に開発されたものは、特許料などが含まれて、価格が高くなる傾向にあります。ジェネリックの薬品は、正規の薬品にくらべて1割から2割程度安いものが多くなっています。1割から2割程度の安さなので、極端に安いわけではありません。それでも長く飲み続けることになるので、長期的には家計への負担が小さくなります。ジェネリックだからと言って、質が劣っているわけではありません。正規の薬と同じ成分で作られており、効き目もほぼ同じです。体質によっては、正規の薬品の方が良く効くことがあります。ジェネリックを使ってみて、効き目がそれほど感じない場合は、正規の薬品をしばらく使ってみるのが良い方法です。ほとんどの病院でこちらから依頼すれば、ジェネリックの薬を処方してくれます。