アレルギーには色々と種類があります。植物アレルギーや動物アレルギー食物アレルギーなどアレルギーによって出る症状が異なります。アレルギーが出る人、出ない人にはどのような違いあるのでしょうか・・・?

アレルギーの原因となる動物や食物のイラスト

花粉症の薬はジルテックとザイザルが一押し!

花粉症になるとアレルギー反応によって鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの症状が出て日常生活や仕事に支障が出ることも多くあるため、薬を使って治したいと思う場合が多いでしょう。そこで花粉症用の薬としておすすめなのがジルテックとザイザルになります。
花粉症用の薬は病院を受診して処方してもらうことが出来ますし、市販薬をドラッグストアなどで買うことも可能です。しかし、花粉症の薬には多くの種類がありどれを選ぼうかと悩んでしまうかもしれません。そういう時にはジルテックとザイザルがおすすめです。

ジルテックとザイザルの特徴

ジルテックとザイザルがおすすめの理由はこの2つが第2世代の抗ヒスタミン薬となっており、花粉症によるアレルギー症状をしっかりと抑える効果作用が期待出来るからです。ジルテックには有効成分としてセチリジン塩酸塩、ザイザルにはレボセチリジン塩酸塩が配合されていますが、どちらも第2世代の抗ヒスタミン薬の中で比較的アレルギーを抑える効果作用が強いという特徴があります。
花粉症の薬を服用するなら、アレルギー症状を止める効果作用が強い方が良いと思う人が多いのではないでしょうか。それと同時に服用した時の副作用はなるべく少ない方が良いとも思うはずです。ジルテックとザイザルは第2世代の抗ヒスタミン薬なので、第1世代の抗ヒスタミン薬よりも副作用が少ないという利点があります。更に言えばザイザルはジルテックよりも眠気の副作用が出にくいという点が特徴になっています。

ジルテックとザイザルは市販で売っている?

ジルテックはそのままの名前ではドラッグストアでは売っていませんが、同じ有効成分のセチリジン塩酸塩を配合した市販薬が販売されているので、ジルテックと同じ効果作用がある薬を使いたいならそれらの市販薬を買うと良いでしょう。
一方、ザイザルはまだ新しい薬であるため、同じ有効成分のレボセチリジン塩酸塩を使用した市販薬は発売されていません。そこでザイザルを使いたい人は病院を受診して医師に処方してもらうようにするのがおすすめです。

ジルテックとザイザルどっちを選べばいいの?

ジルテックとザイザルのどちらを選ぼうかと迷ったら、どちらも花粉症によるアレルギー症状を抑える効果は同じ位の強さが期待出来るので、副作用の眠気がより出にくい薬を使いたいならザイザルを選ぶと良いのではないでしょうか。
また、病院を受診しにくい人はドラッグストアやインターネット通販などでも買える同じ成分の市販薬が出ているジルテックを選ぶ方が便利と言えるでしょう。市販薬には病院での処方薬とは違って、診察を受けなくても買えるという便利さもあります。市販薬があるジルテックと処方薬しかないザイザルのどちらを選んだ方が得かはそれぞれの人によって変わるため、自分が手に入れやすい方の薬を選んで花粉症による鼻炎症状を抑えるようにしてはいかがでしょうか。