アレルギーには色々と種類があります。植物アレルギーや動物アレルギー食物アレルギーなどアレルギーによって出る症状が異なります。アレルギーが出る人、出ない人にはどのような違いあるのでしょうか・・・?

アレルギーの原因となる動物や食物のイラスト

ホタテアレルギーの治療が長引くなら薬価を考慮

 ホタテにアレルギーがある人も、数は多くありませんが、存在します。ホタテはタンパク質を多く含む食品ですので、アレルゲンになる可能性自体は十分あります。海産物ですので、食中毒と間違えられることもありますが、食中毒は細菌が原因であり、よく加熱調理すれば防げます。ホタテアレルギーの場合は、加熱しても生でも起きます。症状としては、吐き気やじんましん、呼吸困難などが挙げられます。時にはアナフィラキシーショックを起こすこともありますので、症状が重篤な場合は医療機関で受診することが大事です。
 食中毒ではなくアレルギーであることが判明した場合、重篤な場合はステロイドを服用します。ステロイドの使用は緊急避難的なもので、長く使用することはできませんから、症状が落ち着いたら、すぐステロイド薬の減量に入ります。やがて脱ステロイドに成功したら、抗アレルギー薬をしばらく飲むことになるかもしれません。症状がじんましんだけの場合、いつまでも完治しないことがあるからです。長期間、毎日出続けることもあります。抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬を服用すれば、症状は数日間はみられませんが、服用をストップすると、またすぐじんましんがぶり返したりします。こうなった場合は、薬の服用が長期になる場合があり、薬価は大事な問題になってきます。できればジェネリック薬を利用しましょう。自分の服用している薬がジェネリックでない場合は、医師か薬剤師に話してみてもいいでしょう。医薬分業が進んでいますから、薬価差益で薬を選択することは少なくなっています。どの薬を使うかは、効果によって決められることがほとんどですので、ジェネリックに変更するのは比較的容易です。