アレルギーには色々と種類があります。植物アレルギーや動物アレルギー食物アレルギーなどアレルギーによって出る症状が異なります。アレルギーが出る人、出ない人にはどのような違いあるのでしょうか・・・?

アレルギーの原因となる動物や食物のイラスト

フルーツに含まれるアレルギー物質

フルーツを食べるだけでもアレルギーを引き起こされることもあります。原因となるものとしては、桃やリンゴ、さくらんぼ、イチゴなどのバラ科、メロンやスイカなどのウリ科、キウイ、バナナ、トマトなどさまざまなものがあげられます。原因は花粉との交差抗原性があるためだとされています。
花粉症とフルーツによるアレルギーの関係は深く、花粉食物アレルギー症候群とも呼ばれています。これは花粉によって気道からアレルギーの前段階になっている状態で、花粉と交差反応性があるフルーツを食べることによって、口腔に反応を引き起こしてしまうことがあるのです。
果物だけの場合では、舌や唇、口の中がイガイガしたり、かゆみ、喉の奥が腫れたりすることなどがあります。通常は口の周りにだけ症状が現れて全身に症状は伴わないとされています。また、酷い場合には蕁麻疹が出たり、吐き気や腹痛、下痢、気管支ぜんそくの発作などのほか、最悪の場合にはアナフィラキシーを起こしてしまうこともあるため注意が必要です。
アレルギーを引き起こすのは果物に含まれるタンパク質という物質が原因だとされています。症状が現れるのは生で食べた場合が多く、缶詰やジャムなどに加熱処理した場合には症状が出ないこともあります。これはタンパク質が熱を加えられることによって変化するためだとされています。
熱を通してある缶詰やジャムなどの加工品であればフルーツアレルギーの人でも食べられるケースがあります。ただし、症状が出る場合もあるため、加熱や加工がしている場合でも少量を食べて様子を見てから食べることをおすすめします。
アレルギーは疲労や体調が悪いときになど出やすいため、調子が悪いときには原因となるフルーツはなるべく避けることが大切です。