アレルギーには色々と種類があります。植物アレルギーや動物アレルギー食物アレルギーなどアレルギーによって出る症状が異なります。アレルギーが出る人、出ない人にはどのような違いあるのでしょうか・・・?

アレルギーの原因となる動物や食物のイラスト

ネギを食べて発疹が出たらアレルギー

ネギを食べて発疹が出る人は、アレルギーの可能性があります。ネギや玉ねぎのようなユリ科の植物には独特の辛味がありますが、これは硫化アリルという成分が元になっています。硫化アリルは血液をサラサラにするので生活習慣病の予防に効果があると高い評価を受けてます。しかし硫化アリルにはわずかですが毒性があります。そのため犬や猫はネギを食べると中毒症状を起こします。人間は消化酵素の働きによって硫化アリルを分解し、毒性のないものに変えることができるので食べても問題ありません。しかしごくまれにその消化酵素が少ない人がいて、そのような体質だと分解できないので毒性が原因でアレルギー症状が出ます。一般的に硫化アリルは加熱したり水にさらしたりすると成分が抜け出るので毒性も薄くなります。よって生のネギを食べた時にだけ具合が悪くなるケースが多いです。ただし加熱したり水にさらすなどしても、ジアリルジスルフィドという二硫化アリルは損なわれないため、赤血球が溶かされて貧血になるなどの症状が出ることもあります。消化酵素を持っている人でも、硫化アリルが胃腸を刺激すると免疫機能が乱れてアレルギー体質になることがあるため、食べ過ぎにも注意します。元々アレルギーを持っている場合は、ネギに触れただけでもその部分に発疹ができて、軽い痒みを感じるので食べるだけでなく触れることも避けなければなりません。食物アレルギーの中でもメジャーではないので、専門外の医師では知らない場合もあります。検査する時は専門に扱っている病院に行くと良いです。ネギは日本では昔から食べられており、現在も様々な料理に入っています。気づかずに食べる可能性があるため、材料は正確に把握する必要があります。