アレルギーには色々と種類があります。植物アレルギーや動物アレルギー食物アレルギーなどアレルギーによって出る症状が異なります。アレルギーが出る人、出ない人にはどのような違いあるのでしょうか・・・?

アレルギーの原因となる動物や食物のイラスト

アレルギー:豚肉とダニのこと

ダニに関するアレルギーについては、あまりにも有名ですが、ダニなどは、私たちが暮らしている日常生活の中のいたるところにいる、とされています。

まず、よく言われているように布団カバーや布団の中、そして枕などの中にも、ダニは潜んでいます。
ダニは、種類などが非常に多く、100種類以上もの数がいるほど、多くの種類がある生き物であり、とても厄介な存在です。
ダニのアレルギーになってしまうと、例えば、横になって寝ていただけで、急激な痒みで目が覚めること、そして目が覚めたあとも、掻き毟るような酷い痒みが続くこと、このような状態が延々と暫く続きます。

そのまま、良くなるケースなどもあれば、医療機関で受診をしなければならないほど、悪化してしまうケースなどもあります。もし、このようなダニのアレルギーになってしまった際には、布団などに密着してダニがついていた可能性が高いため、除去を行う必要があります。
その際には、布団をバンバンと外で叩いて、追い出そうとすると、逆に驚いて、ダニは中に入っていきますから、かえって逆効果になります。
むしろ、このようなことをするよりも、吸い取りをする機械、例えば掃除機などで布団を日干しした後に、掃除機の圧力を使って、吸い込む形にした方が、死滅する、布団から消える、とされています。

そして一方の豚肉のアレルギーですが、これも、あまり例がないアレルギーの一つとされていますが、やはり、同じようにかゆみなどが出てしまうケースがあります。これは、あまり多くの日本人には見られませんが、特に小さなお子さんなどに、このような痒みが出ると言われています。
また、大人になるにつれて、治るケースなどもあるとされていますが、やはり同じように、酷い痒みが喉などに出てしまうケースがあるとされています。